東横線学芸大学駅近くの成人向け英語教室の講師Yukariが、世界に通用する great communicators を目指す方に向けて、教室のご案内や英語学習に役立つ情報、さまざまな国の文化、出来事について紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3期、水曜、土曜クラススタート&R&DクラスWeek 1

今週から第3期。水曜クラス、土曜クラス共スタートしました。

学習相談を終え、気持ちを新たにした生徒さん達。やる気にあふれています。

今期終了7/27(土)に発表会があります。こちらの教室ではプレゼンテーション専用のクラスはなく、通常クラスで学んだ知識やスキルを応用するために発表します。

今期、Reading & Discussionクラスでは、plagiarismを回避したプレゼンテーション法を学んでもらいます。

plagiarismとは、
他人の言葉や文章、作品、データ等を断りなく引用したり、言い変えて自分のライティングやプレゼンテーションのスライドに入れて発表することを言います。簡単に言えば盗作の意味です。


アメリカなどの海外の大学や、大学院でペーパーを書いたり、プレゼンをする際、避けなければ単位をもらえない、学校をやめさせられるなどのペナルティーがあります。

当然社会人は過去にこのように大学で学習していますので、ビジネスでの正式文書やプレゼンでも同様に守らなければいけません。やってしまえば、illegalな行為として厳しく非難されるだけでなく、立場や仕事を失ったり、会社に大きな損失を与えかねません。

しかし、日本の社会人が通う語学学校ではなかなか学ぶ機会がないようで、社会人でこのplagiarismについて知っている方はほとんどいません。しかし、英語を使用する様々な仕事を考えると、知らないでは済まされないでしょう。

このplagiarism。これまでもこのクラスでは学習しているのですが、数回実践して身につくことではありませんし、新入生として後から参加している生徒さんたちには初めてのこと、なじみのないこと。今回、あらたに学習してもらうことにしました。

今日は信頼が持て説得力のあるプレゼンにするため、まずどのような資料を使用すればいいか探るところから行い、plagiarismについて、さらに関連のあるquotations, paraphrasing, summarizingについて学習。

ハイレベルな英語力がなければ理解し実践するのが難しい内容ですが、このクラスのメンバーは実力者ぞろい。
TOEICでも超高得点者が集まっていますし、難しい課題にも果敢にチャレンジしてくれます。

今学期、このプレゼンテーションワークがどうなるかとても楽しみです。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yukari Naganuma

Author:Yukari Naganuma
日米で20年間、幼児から成人まで教え、現在は独立し成人向けの英語教室を開講。企業研修も行う。

アメリカの大学院School for International Trainingにて英語教授法(TESOL)の修士を取得。アメリカでは、ボストンのNortheastern University、ニューヨークの移民プログラム、日本では、ECC等英語学校大手を含め数校で英語を教えた経験がある。

教材や教授法の研究を続け学会で発表も行う。

元アメリカTESOL会員
現JALT(全国語学教育学会)会員
英語学習アドバイザー

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。