東横線学芸大学駅近くの成人向け英語教室の講師Yukariが、世界に通用する great communicators を目指す方に向けて、教室のご案内や英語学習に役立つ情報、さまざまな国の文化、出来事について紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/6(土)スタートTOEIC 10回コース募集 - reading 問題と選択肢を見てから読むというのは実は非現実的かつ非効率的

いよいよ10/6(土)からTOEIC 10回コースがスタートです。お問い合わせ・お申込ありがとうございます。

まだお席がございますので、ご興味のある方は左記よりお早めにお問い合わせください!

TOEICはまずテストありきではありません。テストを作成しているアメリカのETSは、本来ビジネスで運用できる英語力を図るテストとしています。よって、小手先の問題を解くテクニックではスコアアップに限界があります。

例えば、Reading セクションの Part 7の長文の問題では、解法のテクニックとしてよく言われるのが、
「問題と選択肢を見てから読む」

ですが、実はこれは、非現実的かつ非効率的です。この方法では、ビジネスで運用できるために必要な大きなことが欠けているのです。

なぜそうなのか?
どうすればいいのか?

知りたい方は、是非TOEICコースを受講して下さい。


テストだけでなく、ビジネスでもプライベートでも役立つ語彙の暗記法、辞書の効果的な使用法などもご紹介します。

あなたの暗記・辞書の使用法の常識が変わります。
 




申し訳ございませんが、このコースは格安クラスではありません。でも講師が指導させていただくやり方で学習していただければ確実に力はつきます。書店のTOEIC本でよく紹介されている表面的なTOEIC学習から脱却したい方、他校で伸び悩みの方は、ぜひご検討ください。

本来、TOEICのスコアによって、受験者のレベルによって、この学習法や試験対策は異なることが多々あります。730点以上(800点くらいまで)を目指すレベルの方に特化した学習法をクラス内外で実践し、このレベルに特化した試験対策をやっていきます。


小さい教室ですので、どんな講師が教えるのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんので自己紹介をさせていただきます。

私は帰国子女ではありません。大人になってから本格的な英語学習をしました。アメリカの大学院の英語教授法(TESOL)の修士(マスター)を取得し、日本の語学学校数校や、30ヶ国・地域の大人の生徒さんにボストンの大学やニューヨークのプログラムで教えた経験が16年ほどございます。

経験と知識から、さまざまなteachingのアプローチ、メソッド、テクニックを駆使してクラスを行いますので、日本ではあまり知られていない、今までに出会ったことのない学習法に出会えるかもしれません。

講師は、いくつもの語学学校でTOEIC専門クラスを担当し多くのスコアップの実績もあり、また長年TOEICを研究しております。どうぞご安心ください。


通常クラス生も普段のクラスに加えてTOEICコースを申込された方がいますが、こんな意見をいただきました。

「以前TOEIC専門校に通ったことがあるが、ゆかり教室の通常クラスで学習することの方が、内容が濃くて奥が深い。TOEICスコアアップだけでなく、英語力をアップさせるにもとても役立つ。」

どうもありがとうございます。とても嬉しいです。

通常クラスで学習する英語力向上のための学習法も、TOEICクラスでご紹介させていただきます。試験でどう生かすのか練習していただきます。


コースのお問い合わせは左記よりお願いします。






コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yukari Naganuma

Author:Yukari Naganuma
日米で20年間、幼児から成人まで教え、現在は独立し成人向けの英語教室を開講。企業研修も行う。

アメリカの大学院School for International Trainingにて英語教授法(TESOL)の修士を取得。アメリカでは、ボストンのNortheastern University、ニューヨークの移民プログラム、日本では、ECC等英語学校大手を含め数校で英語を教えた経験がある。

教材や教授法の研究を続け学会で発表も行う。

元アメリカTESOL会員
現JALT(全国語学教育学会)会員
英語学習アドバイザー

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。