東横線学芸大学駅近くの成人向け英語教室の講師Yukariが、世界に通用する great communicators を目指す方に向けて、教室のご案内や英語学習に役立つ情報、さまざまな国の文化、出来事について紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャの議会選挙はどうなる? + あるギリシャ人の生徒さん達のエピソード

Nikkei の英語の記事をご覧ください。ギリシャの議会選挙はどうなるんでしょうか。

Greeks Take To Polls

上のトピックに全く関係ないのですが、ギリシャと言えば...

アメリカに住んでいた頃、ボストンの大学とニューヨークの移民プログラムで30ヶ国・地域の方(young adults and adults/学生と社会人)に英語を教えましたが、ボストンの大学のあるwritingクラスでギリシャ人の2人の神父さんを教えたことを思い出します。

そのクラスは大学の英語プログラムの1クラスで、プログラムにはアメリカの大学や大学院への進学の準備をする人や、移民してきた社会人などが勉強しに来ていました。

ギリシャ人の方が所属していたのは、下から2番目のwritingクラスで、他のクラスと同様、様々な国籍、宗教の人たちで構成されていました。

アメリカへ来て自由を満喫しているちょっとふまじめで宿題はあまりやって来ない(笑)、でも間違いだらけだけど自信満々にスピーキングするイスラム諸国の男性陣。必ずお祈りのため全員が遅れてきます。

まじめで頭がよく宿題や課題を一生懸命やるんだけど、他の生徒さんのspeakingになかなかついていけず発言が難しい韓国人の生徒さん達。おとなしくちょっとイスラムの男性陣に圧倒されている感じのベトナム人の生徒さん達、そして若いのにとても落ち着いてるギリシャの2人の神父さん。

ある日、私はその二人の神父さんを残してお説教をしたことがあります。
それは。。。

「カンニングをしないでください。」

ということでした。

授業ではparagraph writingの宿題やテストを出していました。ある大事なテストで、2人は同じ表現をたくさん使用し書きあげた文章を提出して、私は重大に受け止め、2人に以下のようなことを順番に話しました。彼らの英語力ではどこまで理解できたか分かりませんでしたが、話さなければいけないと思いました。

1.アメリカの大学ではカンニングには大変厳しいです。(ギリシャもそうかもしれないが。。。)
でも、アメリカでは学校から追放!なんてこともあり得るということ。

2.このプログラムは正規の大学のクラスでなく、準備のためのものですから追放までは行かないかもしれないが、もし大学のクラスだったら?仕事で他人の文章を勝手に使って自分の文章として表に出したら?と考えたら、大変seriousな問題で、ことによってはillegalなこと。

3.それに、テストは全て、上のクラスに進級できるかどうか判断する材料となる大事なもの。

4.英語力を考えても、テストで他人のまねをして書いても何のためにもならない。

5.実際、講師から見ると、どの部分を他人に教えてもらったのか、他人の文章から引用したのか、簡単に分かってしまう。

もう2度とカンニングはやらない。宿題でも他人の文章や表現を勝手に引用しない。と約束をしてもらい、話を終えました。

神様の下でそんなことやってはいけませんよね。と最後に言ったのが一番効いたかと思います。

とても感じのいい2人だったので少しがっかりしましたが、思い返してみると2人のwritingレベルはそのクラスの中では大変低かったのでつらかったのかもしれません。それでも講師として、私には容認することのできない行為でした。

別のクラスでも他の国の生徒さんで何人か、他人のエッセイを丸ごと写してきて、私が厳しく注意したことがありましたが。。。

日本の大学でもこういうことは多いのでしょうか。。。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yukari Naganuma

Author:Yukari Naganuma
日米で20年間、幼児から成人まで教え、現在は独立し成人向けの英語教室を開講。企業研修も行う。

アメリカの大学院School for International Trainingにて英語教授法(TESOL)の修士を取得。アメリカでは、ボストンのNortheastern University、ニューヨークの移民プログラム、日本では、ECC等英語学校大手を含め数校で英語を教えた経験がある。

教材や教授法の研究を続け学会で発表も行う。

元アメリカTESOL会員
現JALT(全国語学教育学会)会員
英語学習アドバイザー

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。