東横線学芸大学駅近くの成人向け英語教室の講師Yukariが、世界に通用する great communicators を目指す方に向けて、教室のご案内や英語学習に役立つ情報、さまざまな国の文化、出来事について紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Research & Reading test - 私が教えていたNYCのRiverside Language Programについて

今週、水曜日5週目、土曜日4週目のSpecial Trainingクラスでは、私が教えていたニューヨークのRiverside Language Programのサイトを見て、与えられた設問の答えをパートナーと協力して探すというResearch & Reading テストをやってもらいました。

インターネットを利用して必要な情報を正確に素早く入手するというテストは初めての試みでしたが、実はうちの教室で日頃からTOEIC練習を含め、さまざまなreadingを行う時に使っていたscanningというテクニックを実践したものです。

scanning とはリーディングのテクニックの一つで、必要な情報を素早く探すというものです。

例えば、こんな問題に答えてもらいました。<クラスではもちろん英語です>

1.もしあなたが数ヶ月アメリカに滞在できたとしたら、このプログラムの集中コースを受講できますか。
2.どういう先生がこのプログラムで教えられますか。

というようなものです。以下のサイトですぐに答えが見つかりますか?

Riverside Language Program


クラスでは、短時間にパートナーと協力しながら、いろいろなページを見ながらキーワードを探して答えを早く探そうと頑張っていただきました。本来は仕事や生活では、このような生の題材(authentic material)を素早く理解しなければなりません。生徒さん達にはもっと生の題材を使って英語を理解したいと思ってもらえたら嬉しいです。



ところで余談ですが、1の答えはNoです。

移民、難民でアメリカに移住してきた人たちなどが受講できるコースですから、単に滞在しているだけでは受講できません。週5日朝から午後まで無料で行われています。

私はこちらで初級クラスを教えました。アフリカやヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカなど15ヶ国・地域ほどから来た20名以上の大人の生徒さんのクラス。

国で戦争、紛争が絶えず、命が危ない中、長期間アメリカへの移住許可を待ち続けようやくアメリカへ来た人もいました。祖国では母国語でもまともな教育を受けられなかった人も少なくありません。母国語でもちゃんと書けなませんから、英語のアルファベットもよく間違えました。

ようやくアメリカへ来ても英語力がないので、生活を支えられるだけの収入を得られる仕事にはなかなかつけません。皆さん、本当に一生懸命でした。自分の話をするとなると沈黙はしません。つたない英語でも分かってもらいたくて必死に話してくれました。日本人のような分からない時の沈黙というのが全くありません。

初級クラスなので意思疎通が難しく、でも私を含めクラス全員の共通語は英語のみなので、こちらも少しでも理解してもらおうと一生懸命レッスンしました。つらいbackgroundを抱えていてもクラスでは笑顔。彼らがアメリカでしっかり生きていくための英語力に私がどれだけお手伝いできてるか悩んだりもしましたが、彼らはいつも授業をする私に感謝してくれ、そして大変礼儀正しかったです。

お別れ間近にはクラスの時間を使ってそれぞれの国の料理を持ち寄って大パーティー。どの生徒さんも自分の国の料理を誇らしげに出してくれました。おいしかったなぁ。。。日本であれだけの数の国の料理をなかなか堪能できません。本当に懐かしい。。。

今頃、あの生徒さんたちはどうしているでしょう。どんな辛いことがあっても、みんな祖国を愛していました。アメリカの暮らしにも慣れるか不安でいっぱいだったけれど、もう慣れたでしょうか。英語力も向上してちゃんと仕事にもつけたでしょうか。ニューヨークは移民がたくさん住む町。幸せに暮らしていてほしいと願うばかりです。


スポンサーサイト
プロフィール

Yukari Naganuma

Author:Yukari Naganuma
日米で20年間、幼児から成人まで教え、現在は独立し成人向けの英語教室を開講。企業研修も行う。

アメリカの大学院School for International Trainingにて英語教授法(TESOL)の修士を取得。アメリカでは、ボストンのNortheastern University、ニューヨークの移民プログラム、日本では、ECC等英語学校大手を含め数校で英語を教えた経験がある。

教材や教授法の研究を続け学会で発表も行う。

元アメリカTESOL会員
現JALT(全国語学教育学会)会員
英検面接委員
英語学習アドバイザー

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。